カテゴリ:て( 25 )

25.天を怨みず人を尤めず(てんをうらみずひとをとがめず)

 自分の身が逆境にあっても、天をうらんだり、人をとがめたりしないで、努力し修養すること。人は不遇だと、他にその原因を求めがちであるが自分を見つめて、自身にその原因を求め、反省して努力していくことが大事である。

類:自ら知る者は人を怨みず、命を知る者は天を怨みず
[PR]
by celica2014276 | 2007-04-17 19:06 |

24.天網恢恢疎にして失わず(てんもうかいかいそにしてうしなわず)

 天の法網は広大で目があらいようであるが、すくいもらすことはない。悪人は必ず捕らえられ、天罰をくだされるということ。

語:天網=天が悪人を捕らえるために張りめぐらす網。
  恢恢=広大なさま。
  疎=疏。まばら。

類:天網恢恢逃げるべからず
  天網遁れ難し

反:網呑舟の魚を漏らす
[PR]
by celica2014276 | 2007-04-17 19:06 |

23.天は自ら助くる者を助く(てんはみずからたすくるものをたすく)

 人に頼らず、自分の力で苦労し努力する者に天は幸運を授ける。自分の努力があってこそ、運をつかむことができるという意。西洋のことわざ。

類:人事を尽くして天命を待つ
[PR]
by celica2014276 | 2007-04-17 19:03 |

22.天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず

 人は本来生まれながらにして平等であって人間の本質に貴賤(きせん)貧富の差別はないの意。

出:福沢諭吉の主著の一である『学問ノススメ』(1872〔明治5)年~76年刊〕の冒頭で「天は人の上に人を造らず」と天賦(てんぷ)人権論(人類が社会を構成する以前、つまり自然の状態で、個人が生まれながらに享有する権利であり、国家といえどもこれを奪うことができない権利〔自然法上の権利〕を背景に、永遠不滅の法の存在を主張して、封建国家の支配権力から市民を解放する法的役割を歴史的に果した)の立場を明らかにし、個人主義・実利主義に基づいて学問論・国家論・知識人論など多彩な民主主義的立国論を展開した。
[PR]
by celica2014276 | 2007-04-17 19:02 |

21.天に二日無し(てんににじつなし)

 天に二つの太陽はない。そのように、一国には一人の君主、一家には一人の主人というのが天道にかなっている。最高指導者は一人であるべきことのたとえ。
[PR]
by celica2014276 | 2007-04-17 19:02 |

20.天に唾す(てんにつばきす)

 天に向かってつばをはくと自分の顔にかかる。そのように、他を害しようとして、反対に自分の身を害することのたとえ。

類:風に向かって唾吐く
  お天道様に石
  空向いて石を投げる
  天を仰いで唾をする
  なんじに出ずるものは、なんじに反る
[PR]
by celica2014276 | 2007-04-12 19:49 |

19.天道は親無し(てんどうはしんなし)

 神(天地自然の理)は公平で、常に善人を助ける。

類:天道に私なし
  天道は正直
[PR]
by celica2014276 | 2007-04-12 19:48 |

18.天真爛漫(てんしんらんまん)

 自然のままの心を飾らず、ありのままを言葉や行動に表すこと。純真で、飾り気のないこと。

語:天真=天から与えられた純粋な性質。ありのまま。
  爛漫=あふれてしたたるさま。

類:天衣無縫
  無邪気
[PR]
by celica2014276 | 2007-04-12 19:47 |

17.天知る地知る我知る人知る

 二人の間だけの問題なら、秘密にしておけば、だれにも知れないと思うのは間違いで、天地の神も二人の良心も知っているから、悪事は必ずあらわれるという戒め。後漢の王密(おうみつ)という役人が、世話になった楊震(ようしん)にわいろを贈ろうとした時に、楊震がいったという言葉。

類:壁に耳あり障子に目あり
  楊震の四知
[PR]
by celica2014276 | 2007-04-12 19:47 |

16.天衣無縫(てんいむほう)

 天人の着物には縫い目がないということ。物事が完全で欠点がないたとえ。また、文章などにわざとらしい技巧や不自然さがなく、ありのままであること。夏の夜、郭翰(かくかん)という人が庭で寝ていると、織女が天から降りてきた。郭翰が見ると、織女の着物には縫い目がなかったので、そのわけを聞くと、織女は「天人の着物は、針や糸を使って作ったものではない」と答えた、という故事から。俗に、一糸まとわぬ丸裸のこともいう。
[PR]
by celica2014276 | 2007-04-12 19:45 |


普段使うような故事ことわざと使わないような故事ことわざを50音で書いていきたいと思います♪絶対最後まで完成させてやるぞ!!同時進行で故事ことわざ辞典blog目次を作成中♪


by celica2014276

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
目次












































未分類

リンク

最新の記事

故事ことわざ辞典blog ∩..
at 2014-09-26 00:26
41.和を以て貴しとなす(わ..
at 2014-02-07 23:03
40.わわしい女は夫を食う(..
at 2014-02-03 21:30
39.我を非として当う者は吾..
at 2014-01-31 21:03
38.我を知る者はそれ天か(..
at 2014-01-29 23:34

ブログジャンル

語学
教育・学校

記事ランキング

以前の記事

2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2005年 11月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

検索

その他のジャンル

画像一覧