<   2005年 04月 ( 166 )   > この月の画像一覧

40.金は天下の廻り持ち

 金銭は世間の人の手から人の手へと渡っていくものだから、やがて自分の所にも回って来ることもあろうと淡い期待をこめていう言葉。但し庶民の多少ふてくされた願望や、浪費をしてしまった後で自分のなぐさめにも使われる。

類:金は天下の廻り物  金銀は廻り持ち
[PR]
by celica2014276 | 2005-04-30 23:01 |

39.金は三欠くにたまる

 「義理と人情の板ばさみ」などと、悩んでいるようではとても金はたまらない。即ち、金を貯めようと思ったら、義理欠く、人情欠く、交際欠く、ぐらいの気構えが必要。不義理をそしられ、その薄情をののしられ、人との付き合いも避けてただ一筋に貯金。要するに月並みの心がけでは金はとてもたまらないことのたとえ。

類:金は不浄に集まる  金持ち物買わず
  金持ちと灰吹きはたまるほどきたない
  金持ち金をつかわず

反:金は天下の廻り持ち  金はきもの
[PR]
by celica2014276 | 2005-04-30 23:00 |

38.金の切れ目が縁の切れ目

 主として男女間の金を介在とした関係に使われ、金がなくなった時や、金を出し惜しみした時に、その付き合いも終わるという意。
[PR]
by celica2014276 | 2005-04-30 22:59 |

37.金で面を張る

 分厚い札束をちらつかせ、「この場はこちらに譲らないか」などと、競争相手を金銭の力で強引に押さえつけるやり方。そんな時の相手は、金で顔をひっぱたかれたような思いがする。

語:面=顔。おもて。顔面。  張る=なぐる。
[PR]
by celica2014276 | 2005-04-30 22:59 |

36.金請けはするとも人請けはするな

 金銭貸借の場合の保証人にはなっても人事にかかわる保証人になるのは避けた方がよい。同じ保証人であっても、金の貸し借りの場合なら保証の責任はあくまでもその範囲にとどめ得るが、こと人事関係の保証人となれば、その保証すべき範囲も広く、後々まで何かと迷惑をこうむることになりかねない。

語:金請け=借金の保証人。
  人請け=奉公人・雇人などの身元保証。

類:借受人に立つとも人受人に立つな
[PR]
by celica2014276 | 2005-04-30 22:58 |

35.蟹は甲に似せて穴を掘る

 かにはその大きさにより、自分が入るのに必要な大きさの穴を掘ることから、人はそれぞれ自らの願望を持ち、それ相応の行動をするものだ、ということのたとえ。

類:根性に似せて家を住まう
[PR]
by celica2014276 | 2005-04-29 21:03 |

34.鼎の沸くが如し(かなえのわくがごとし)

 「鼎」は三本足の湯沸しなべの事で、丁度なべの中で湯が沸きたがるように、会議の席などで議論百出、侃侃諤諤、口角泡を飛ばして言い争うさまなどのたとえ。あるいは、物事の紛争がはなはだしいこと。
[PR]
by celica2014276 | 2005-04-29 21:03 |

33.門松は冥土の旅の一里塚

 正月の門松はめでたいことの象徴とされるが、裏を返せば人が一つ年をとり死に一歩近づくことも意味し、一休の狂歌に言う「めでたくもありめでたくもなし」であろう。

語:冥土=死者の霊魂が迷い行くという暗黒の世界。
  一里塚=昔、街道一里毎に土を盛り、里程の目標とした塚。
  一里=約四キロメートル。
[PR]
by celica2014276 | 2005-04-29 21:02 |

32.我田引水(がでんいんすい)

 現在でも水は大切なものであるが、かつては水田工作にその水を確保することは、耕作者の死活にかかわるほど非常に重要な問題であった。それで多少理不尽なことであっても、自分の水田にだけひこうとする場合もあり、そのために多くの紛争が起きた。我田引水(我田に水を引く)は、このような時代背景の中から生まれた言葉で、物事を自分の都合のいいように取り扱おうとする大変利己的な身勝手な振る舞いをいうたとえ。

語:引水=田の用水を導き入れること。
[PR]
by celica2014276 | 2005-04-29 21:01 |

31.勝てば官軍負ければ賊軍

 勝って権力を握った方が正義となる。その過程がどんなに卑劣であり、それが敗者側にとってなんの理もなくしかけられた戦いであったとしても敗者は勝者の前に賊軍として裁きを受けることになる。結局、勝者が正義となり、敗者が賊軍という汚名を着せられる。

語:官軍=政府軍
  賊軍=反政府軍。悪者。

類:無理が通れば道理が引っこむ
[PR]
by celica2014276 | 2005-04-29 21:01 |


普段使うような故事ことわざと使わないような故事ことわざを50音で書いていきたいと思います♪絶対最後まで完成させてやるぞ!!同時進行で故事ことわざ辞典blog目次を作成中♪


by celica2014276

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
目次












































未分類

リンク

最新の記事

故事ことわざ辞典blog ∩..
at 2014-09-26 00:26
41.和を以て貴しとなす(わ..
at 2014-02-07 23:03
40.わわしい女は夫を食う(..
at 2014-02-03 21:30
39.我を非として当う者は吾..
at 2014-01-31 21:03
38.我を知る者はそれ天か(..
at 2014-01-29 23:34

ブログジャンル

語学
教育・学校

記事ランキング

以前の記事

2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2005年 11月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

検索

その他のジャンル

画像一覧