<   2006年 12月 ( 74 )   > この月の画像一覧

52.先鞭を著ける(せんべんをつける)

 人より先に、馬に無知を当てる。人より先に物事を行う。人に先んじて功を立てる。

語:先鞭=先にむちを打つこと。人の先に立つこと。

類:商人(あきんど)は矢の下くぐれ
  先んずれば人を制す
[PR]
by celica2014276 | 2006-12-28 23:24 |

51.善は急げ(ぜんはいそげ)

 善行はためらいなく行わなければならない。ぐずぐずしていると、善行するチャンスもなくなってしまうかもしれない。

類:うまい物は宵(よい)に食え
  思い立つ日が吉日
  善に従うこと流るるが如し
[PR]
by celica2014276 | 2006-12-28 23:23 |

50.千人の諾諾は一士の諤諤に如かず(せんにんのだくだくはいっしのがくがくにしかず)

 はいはいと言って意に従うだけの人間ならば何人いても仕方がない。ただ一人でも、誤りと思うことに対しては思う存分に意見を述べ、戒めてくれるような者がいることが望ましい。つまらない者が大勢いるよりも、たった一人でも賢者のほうがよい。

語:諾諾=はいはいと、何にでも承知する。
  諤諤=相手が誰であろうと、権威などを恐れずに、自分の意見を堂々と述
       べたてるさま。

類:三人寄っても下種(げす)は下種
  衆愚の諤諤たるは一賢の唯唯(いい)に如かず
  千羊の皮は一狐の腋に如かず

反:三人寄れば文殊の知恵
[PR]
by celica2014276 | 2006-12-26 20:15 |

49.先入主となる(せんにゅうしゅとなる)

 先に聞いたことは印象が強く、後日まで心を支配するから、後で聞いたことのほうが正しくてもなかなか納得できない。既成の概念は破りにくい。

語:先入=先に見えたり聞いたりしたこと。
  主=支配的な考え方。
[PR]
by celica2014276 | 2006-12-26 20:08 |

48.千日の萱を一日(せんにちのかやをいちにち)

 千日かかって刈り集めた萱を、一日で燃やし尽くす。長い間苦労して成し遂げたことを、一瞬にして駄目にしてしまう。

語:萱=屋根をふくのに使う。一つの屋根をふくためには、非常に大量の萱が
     必要になる。

類:千日萱   千日刈って一日に滅ぼす
  千日の功名一日に滅ぶ
  爪で拾って箕(み)でこぼす
  百日柴をきり一日に焼く
[PR]
by celica2014276 | 2006-12-26 20:06 |

47.善に従うこと登るが如し(ぜんにしたがうことのぼるがごとし)

 善事を行うのは困難が多く、山に登るように努力が必要である。
[PR]
by celica2014276 | 2006-12-26 20:05 |

46.船頭多くして船山へ登る(せんどうおおくしてふねやまへのぼる)

 船頭が多くいては、指示の統一があとれないから船はまごまごして、山へぶつかってしまう。指示する人が多いと、物事がうまく進まない。指示する人は一人がよい。

類:船頭多けりゃ沖にのり出す
[PR]
by celica2014276 | 2006-12-26 20:03 |

45.栴檀は双葉より芳し(せんだんはふたばよりかんばし)

 香木のびゃくだんは、芽生えた時からすでによい香りを放つ。才知のすぐれた人は、幼少の頃から、すでに並外れた素質を表す。

語:栴檀=びゃくだん<白檀>の別名。びゃくだんはインドネシア地方原産の
       香木。焚く(たく)香りの材料として、または仏像彫刻用として古く
       から使われた。
  双葉=芽生えた時の姿。びゃくだんは双子葉植物なので、芽生えると二
       枚の小さな葉を生ずる。「二葉」とも書く。

類:栴檀は双葉より薫じ梅花はつぼめるに香あり
  鳳凰(ほうおう)は卵の中にして超境の勢いあり
  実のなる木は花から知れる
  蛇は寸にして人を呑む
  竜は一寸にして昇天の気あり
  竜の子は小さしといえども能く雨を降らす

反:十で神童十五で才子、二十(はたち)過ぎればただの人
  大器晩成(たいきばんせい)
[PR]
by celica2014276 | 2006-12-22 20:27 |

45.吮疽の仁(せんそのじん)

 疽のうみを吸い取ってくれた深い情け。兵士に対する。大将の深い情け。戦国時代、魏(ぎ)の将の呉起(ごき)が、疽を病んでいる兵士の、うみを吸い取ってやった。という故事による。

語:吮疽=疽は悪質のできもので、そのうみを吸い取ること。
[PR]
by celica2014276 | 2006-12-22 20:26 |

44.戦戦兢兢(せんせんきょうきょう)

 びくびくして、恐れつつしむ。おどおどして落ち着かないさま。「戦戦恐恐」とも書く。

語:戦戦=恐れおののくさま。
  兢兢=つつしみ戒めるさま。

反:泰然自若(たいぜんじじゃく)
[PR]
by celica2014276 | 2006-12-22 20:25 |


普段使うような故事ことわざと使わないような故事ことわざを50音で書いていきたいと思います♪絶対最後まで完成させてやるぞ!!同時進行で故事ことわざ辞典blog目次を作成中♪


by celica2014276

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
目次












































未分類

リンク

最新の記事

故事ことわざ辞典blog ∩..
at 2014-09-26 00:26
41.和を以て貴しとなす(わ..
at 2014-02-07 23:03
40.わわしい女は夫を食う(..
at 2014-02-03 21:30
39.我を非として当う者は吾..
at 2014-01-31 21:03
38.我を知る者はそれ天か(..
at 2014-01-29 23:34

ブログジャンル

語学
教育・学校

記事ランキング

以前の記事

2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2005年 11月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

検索

その他のジャンル

画像一覧