<   2013年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

31.臨機応変(りんきおうへん)

 時と場合に応じての、適当な手段や方法を用いて物事を処理すること。
[PR]
by celica2014276 | 2013-08-30 22:35 |

30.林間に酒を煖めて紅葉を焼く(りんかんにさけをあたためてこうようをたく)

 林の中で紅葉を燃やして、酒を温めつつ秋の風情をめでる。風流の趣を述べたもの。白居易が陜西(せんせい)省の仙遊寺に遊んだ際のことを追想して詠じた句。また、平家物語の高倉天皇の逸事で名高い。天皇が幼少の時分紅葉の山と名づけて、集めて燃やし酒を温めて飲んだ。天皇はこれをしかることなく、逆にほめられたという故事。
[PR]
by celica2014276 | 2013-08-28 23:37 |

29.緑林(りょくりん)

 盗賊の一団につけた異名。後漢の時代王莽(おうもう)が位についたが、彼の政治に反発して各地で暴動が起こった。中でも湖北省の緑林山にたてこもった一団は、自ら緑林の兵と名乗り、地主の倉や役所などをおそい、この地方を暴れ回った。このようなことから、後世盗賊の集団を緑林ということになった。

類:白浪
[PR]
by celica2014276 | 2013-08-27 00:03 |

28.良薬口に苦し忠言耳に逆らう(りょうやくくちににがしちゅうげんみみにさからう)

 病気によく効く薬は苦いものだし、身のためになる忠告は素直に聞くのがむずかしいことの意。正しいことへの忠告はなかなか聞きにくく、喜ばれるものでないことをいう。

類:苦言は薬なり甘言は疾なり
  忠言耳に払う
  苦薬病に利し苦言に行に利す
  薬の灸は身に熱く毒の酒は甘い
  Good medicine is bitter to the mouth.
  (良薬は口に苦し)
  Good advice is harsh to the ear.
  (忠言は耳に逆らう)
[PR]
by celica2014276 | 2013-08-26 22:32 |

27.両方よいのは頬冠り(りょうほうよいのはほおかむり)

 世の中には、どっちにもいいことは少ない。頬冠り(しらないふり)くらいのものということ。「両方」と「両頬」をかけている。

類:利は両(ふたつ)なる可ならず
  両方立てれば身が立たぬ
  あちら立てればこちらが立たぬ
[PR]
by celica2014276 | 2013-08-24 22:37 |

26.両方聞いて下知をなせ(りょうほうきいてげちをなせ)

 争いをさばく時には、相方のいいぶんを聞いてのち、公正な判断を下せという意。片手落ちの判断を戒めた言葉。

語:下知=言いつけ。さしず。鎌倉、室町時代には将軍の命令書をいった。

類:両を聴いて下知をなせ
  片口きいて公事をわくるな
  Look at the both sides of shield.
  (盾の両面を見よ)
  there are two sides in every question.
  (どの問題も両面がある)
[PR]
by celica2014276 | 2013-08-23 23:49 |

25.良二千石(りょうにせんせき)

 善政を行う地方の行政官をほめた言葉。

語:二千石=漢の時代、郡の太守の年俸が米二千石あったことから、
        太守・長官の意にいう。日本では「にせんごく」と読み府県知事のこと。
[PR]
by celica2014276 | 2013-08-21 23:39 |

24.遼東の豕(りょうとうのいのこ)

 見識の狭い者が、自分で一大発見をしたつもりで喜んだり、いばったりしてみても他からみると何の変哲もないことをいう。遼東の豕は黒かったが、たまたま白い豚が生まれたので、とある農夫がこの白い豚を朝廷に献じようと、河東という所まで行くと、そこの豚はみんな白かったので、恥じて遼東へ引き返したという故事による。
[PR]
by celica2014276 | 2013-08-20 21:22 |

23.両手に花(りょうてにはな)

 よい物を同時に手に入れる。よいことが重なること。うまいことずくめ。

類:梅と桜を両手に持つ
  両の手のうまい物
[PR]
by celica2014276 | 2013-08-19 19:30 |

22.梁上の君子(りょうじょうのくんし)

 盗人。泥棒を言う。転じてねずみをいう。漢の時代、陳寔(ちんしょく)の室に賊が入りこみ、梁の上にかくれているのを、寔が見つけた。寔は子弟を集めて戒めの言葉をいった。「人間は本来善良なるものであるが、誤って悪人になることもあるものだ。この上にかくれている君子もそのたぐいだ」と。梁の上にいた賊は寔の言葉に感じいって、飛び降りてゆるしを請うたので寔は絹を与えて帰してやったという故事による。
[PR]
by celica2014276 | 2013-08-15 00:10 |


普段使うような故事ことわざと使わないような故事ことわざを50音で書いていきたいと思います♪絶対最後まで完成させてやるぞ!!同時進行で故事ことわざ辞典blog目次を作成中♪


by celica2014276

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
目次












































未分類

リンク

最新の記事

故事ことわざ辞典blog ∩..
at 2014-09-26 00:26
41.和を以て貴しとなす(わ..
at 2014-02-07 23:03
40.わわしい女は夫を食う(..
at 2014-02-03 21:30
39.我を非として当う者は吾..
at 2014-01-31 21:03
38.我を知る者はそれ天か(..
at 2014-01-29 23:34

ブログジャンル

語学
教育・学校

記事ランキング

以前の記事

2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2005年 11月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

検索

その他のジャンル

画像一覧