<   2013年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

25.和して同ぜず(わしてどうぜず)

 協調はしても、不和雷同となるような行為はしない。君子(教養のある人格者)は人と交わる際にくつろいで親しくするが、道理に合わないことにはあくまでもその論をつめ、利のためなどに自己の心を曲げてまで、相手と同調をすることはないという意。

語:和=主体性を保ちながら、なごやかに人と親しみ協調すること。
  同=不和雷同

類:君子は矜にして争わず群して党せず
  (くんしはきょうにしてあらそわずぐんしてとうせず)
[PR]
by celica2014276 | 2013-12-30 19:13 |

24.禍を転じて福となす(わざわいをてんじてふくとなす)

 身に降りかかってきた災難が、逆に幸福への足がかりになるよう努力、工夫すること。

類:禍は福
  禍変じて幸となる
  禍も三年
  禍福はあざなえる縄の如し
  Bad luck often brings good luck.
  (悪運はしばしば幸運を運んでくる)
[PR]
by celica2014276 | 2013-12-26 23:28 |

23.禍は妄りに至らず福は徒らに来たらず(わざわいはみだりにいたらずふくはいたずらにきたらず)

 災難と幸福は、それぞれに来るべき理由(原因)があって我々の身辺にくるものである。それらはでたらめにくるものではなく、自分のほうでその原因をつくってまねき寄せているものである。

類:Misfortunes never come singly.
  (不幸は単独ではやってこない)
[PR]
by celica2014276 | 2013-12-24 22:10 |

22.禍は足るを知らざるより大なるは莫し(わざわいはたるをしらざるよりだいなるはなし)

 自己の分を知って満足することが出来ないのは、最大の禍(不幸)そのものであること。

類:足ることを知れば不吉に勝つ
[PR]
by celica2014276 | 2013-12-24 00:46 |

21.わざくれも三年(わざくれもさんねん)

 災難も当面した時はこまりものだが、三年もたつとよいことの基になる場合があるということ。また、やけくそなことばかりいっていると、そのうち誰も相手にしなくなること。

語:わざくれ=自暴自棄

類:わざわいも三年たてば役に立つ
  禍も三年
  貧乏人も三年おけば役に立つ
  Keep a thing for seven years, and you will find a use for it.
  (物も七年保存すれば役に立つ)
[PR]
by celica2014276 | 2013-12-23 22:38 |

20.和魂漢才(わこんかんさい)

 日本人としての、独自の精神、気魄をもち、さらに中国伝来の学問である漢学の教養を身に付けるという意。当世風なら「和魂洋才」というところである。学問、芸術など民族の伝統をおろそかにするなということ。

語:和魂=大和魂。
  漢才=漢字の素養。
[PR]
by celica2014276 | 2013-12-20 00:22 |

19.和光同塵(わこうどうじん)

①知恵の光を和らげ、かつ隠して俗世間に交わっているという意。
②仏(菩薩)が衆生済度のために、その本来の知恵の光を隠して、
 塵の如く汚れた人間の世界に姿を変えてあらわれるの意。

語:和光=自己の知恵を隠して表さないこと。
  同塵=俗世間と同調して交わること。
[PR]
by celica2014276 | 2013-12-19 23:43 |

18.我が物と思えば軽し笠の雪(わがものとおもえばかるしかさのゆき)

 物事は考えようで、笠の上に積もった雪も、自分のものと思えば軽く感じられるという意。辛いことでも、自分のためになると思えば、人はそれほどに苦にしないものであるということ。

類:A burthen of one's own choice is not felt.
  (自分が好きで持った重荷は苦にならない)
[PR]
by celica2014276 | 2013-12-17 18:36 |

17.我が身をつんで人の痛さを知れ(わがみをつんでひとのいたさをしれ)

 人間は、他人事ではとかく冷淡であるから、自分自身をつねって痛さを知れば、他人の身でも同じようにつねれば痛いものだということがわかるものである。何事においても、自分の身とひき比べて、人の苦しみに思いやりをもたなくてはいけない。

類:己の欲せざる所を人に施す勿れ
[PR]
by celica2014276 | 2013-12-16 21:08 |

16.我が身の事は人に問え(わがみのことはひとにとえ)

 自分のことになると、かえって判断しにくいものであるから、人の意見を聞くことがよいという意。また、自分の行為に何かの手落ちがあったかどうか、自分では気づかないこともあるから、人に聞いて改めるようにすべきであるという意。
[PR]
by celica2014276 | 2013-12-12 22:02 |


普段使うような故事ことわざと使わないような故事ことわざを50音で書いていきたいと思います♪絶対最後まで完成させてやるぞ!!同時進行で故事ことわざ辞典blog目次を作成中♪


by celica2014276

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
目次












































未分類

リンク

最新の記事

故事ことわざ辞典blog ∩..
at 2014-09-26 00:26
41.和を以て貴しとなす(わ..
at 2014-02-07 23:03
40.わわしい女は夫を食う(..
at 2014-02-03 21:30
39.我を非として当う者は吾..
at 2014-01-31 21:03
38.我を知る者はそれ天か(..
at 2014-01-29 23:34

ブログジャンル

語学
教育・学校

記事ランキング

以前の記事

2014年 09月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2005年 11月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月

検索

その他のジャンル

画像一覧